債券でお金を増やす

投資信託の中でも債券は比較的リスクの低い資産です。
リスクが低いということは、同時にリターンも低いということですが、組み合わせを変えることで高めることができます。
元本割れだけは避けたいという方は元本重視型がベストです。
しかし、もっと利益を追求したい方は外貨建てのファンドを組み合わせても良いでしょう。
特に外貨建てMMFは購入単位も低く、米ドルやユーロ・豪ドル・ニュージランド建てなど主要国で投資できます。
加えて販売手数料も掛からないため、初期コスト面でもメリットがあります。
国債・社債・CPなどを主体にしており、満期が短いものが主体です。
こうした外国籍のファンドを運用する際に注意したいのは各国の金利動向と為替相場です。
金利動向を敏感に受けることもあり、価格変動のリスクも受けます。
また、為替手数料が発生するため、円に対しての各国の通貨相場をチェックする必要があります。
外貨建てのファンドの場合でポイントとなるのは主要国に絞る点です。
確かに成長性で大きなリターンが望めるのは新興国のものですが、先進国の金融政策によって大きく変動します。
ファンドの運用で大切なのは資産のベストミックスです。
国内と海外、先進国と新興国と分散することでリターンを引き出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check