証券総合口座はどういうもの?

2014.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

なかなか難しい証券のことですが、ひとつひとつを理解していくとすぐに理解することができます。その中でも1番知っていただきたい用語が証券総合口座です。これは、証券会社が個人の顧客に向けて提供する、入出金から資産の運用まで顧客の資産を管理する機能を備えたとても便利な口座です。この口座はマネーリザーブファンドを中心においた、貯める使うといった機能のある銀行の総合口座の証券バージョンといえます。株式などを買い付けた時には、自動的にマネーリザーブファンドを解約して充てることができ、また預かったお金や売却代金、そして分配金や利金などは自動的にスイープして運用するため、無駄がなく運用することができます。この主な特徴は四つあります。一つ目は、証券会社に口座開設すると、最初に開設される口座であって、全ての取引が一つの口座で総合的に管理できます。二つ目は、購入代金や売却代金は自動的にスイープ機能で処理されます。三つ目は、金融機関によっては、書籍などの電子交付サービスがあります。そして四つ目は、金融機関によってはポイントサービスを提供しています。多くの利点がある本口座は一つ持っていると非常に便利なのでおすすめです。
海09

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。