債券の売買について

2014.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

債券が売買される市場は二つあります。その一つが発行市場と呼ばれていて、これは新規発行のための市場だと言えるでしょう。発行する企業は、証券会社を通じて投資家から応募を募ります。投資家は証券会社に対し買う意思を表示します。そして、証券会社がとりまとめて発行体から買い、それを投資家に渡すという方法をとります。このときには、発行体が条件を設定することになります。市場を鑑みて決める事にはなりますが、形式としては発行体が決める事になるのです。
もう一つの市場が流通市場、あるいは二次市場と呼ばれるものです。すでに発行されているものを売買する市場だと言えるでしょう。発行市場で購入した投資家が、それを売却する事によって販売されるという形になります。実際には証券会社がこの役目を担っていて、投資家は証券会社に売ったり、あるいは証券会社から買ったりすることになります。ですから、証券会社ごとに扱っているものは異なります。口座を開設している証券会社に欲しい銘柄がなかった場合には、他の証券会社に口座を開設して欲しいものを買うという方法をとるのが良いでしょう。金額を小さくしたいというのであれば、例えば投資信託を通じて買うのも良い方法です。
海02

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。