証券会社が倒産した後の株式とお金の行方

2014.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

証券会社が倒産した場合、購入した株式はほふりに保管されます。 ほふりとは、証券保管振替機構の略称で、株式で本来必要な名義書換や保管業務を行う会社です。 購入した株が証券会社の資産に組み込まれないのがポイントです。 別に管理されている為、証券会社に万が一の事があっても株は返還されるといった仕組みになっています。

証券会社の口座のお金は、ほふりではなく信託銀行の資産として管理されます。 信託銀行は、通常の銀行業務以外に、預かったお金を運用し利益を受益者に支払う業務を行なっている銀行です。 平たく言えば資産管理・移転・運用に強い銀行です。 こちらも別管理です。 つまり証券会社の業績が悪化しても、口座のお金は返還されて安心という訳です。

このように株や債権・金銭(投資信託は別です)は、証券会社とは別管理です。 金融商品取引法で義務化されている為、余程の事が無い限り安全です。

しかし、どこの世界にも言える事ですが完全は存在しません。

そんな非常事態に、投資家を保護してくれるのが日本投資者保護基金です。 証券会社による返還が困難な場合、日本投資者保護基金が証券会社の代わりに原則として1千万まで補償します。

2重で株主を保護する仕組みです。 株と口座のお金は、余程の事が無い限りは安全と覚えておきましょう。

 

海-イルカ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。